報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「小田原かまぼこ」隣接市業者もOK、「地域に歴史的つながり」 横浜地裁小田原支部判決

 「小田原かまぼこ」の地域団体商標を保有する神奈川県小田原市の「小田原蒲鉾協同組合」が、南足柄市のかまぼこ製造業者「佐藤修商店」などが商標を無断で使用したとして、製品の販売差し止めなどを求めた訴訟の判決が24日、横浜地裁小田原支部であった。栗原洋三裁判長は「業者には不正競争の目的はない」として、業者側に先使用権があると認め、組合側の請求を棄却した。
 栗原裁判長は、江戸時代から小田原市に集中していたかまぼこ製造業者のうち、昭和になると県外に移転する業者も出てきたことなどから「『小田原かまぼこ』の『小田原』には市周辺の地域も含まれる」と認定。小田原藩の支配領域だった南足柄市は「かまぼことつながりのある市周辺地域」で、業者の名称使用に「他人の信用を利用する目的はない」と判断した。
 栗原裁判長は、判断の前提として、商品に地域名を使用できる範囲については「商品が当該地域と歴史、文化などのつながりがあるか考慮すべき」と指摘。組合側関係者によると、地域団体商標をめぐり、地域名の使用範囲に対する判断が訴訟で示されるのは初めてとみられる。
 組合側補佐人として訴訟に参加した白坂一弁理士は「組合は技術研究会や観光イベントを行いブランド構築に携わった。被告の商品はブランドに便乗する不正競争行為だ」として控訴する方針を示した。業者側代理人の小野沢庸弁護士は「主張が認められた当然の判決」としている。
(2017.11.24 20:27 産経ニュース)

地裁小田原支部 「小田原かまぼこ」で請求棄却

 神奈川県小田原市の小田原蒲鉾協同組合が保有する地域団体商標「小田原かまぼこ」を無断使用したとして、組合が市に隣接する同県南足柄市の食品業者「佐藤修商店」などに約4930万円の損害賠償や、販売と商標使用の差し止めを求めた訴訟の判決で、横浜地裁小田原支部は24日、原告側の請求を棄却した。
 栗原洋三裁判長は判決理由で、組合が商標の登録出願をした2010年4月以前から、佐藤修商店が使用していたと認定した。
 その上で、「小田原」の範囲について検討。現在は小田原市より広い地域で製造されており、自然や文化のつながりがある周辺地域も含まれるとした。(共同)
(2017年11月24日 18時22分(最終更新 11月24日 18時22分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます