報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

盗撮 元神奈川新聞の支社長有罪判決 住居侵入など /神奈川

 盗撮目的で女性宅に侵入したなどとして、住居侵入と県迷惑防止条例違反の罪に問われた元神奈川新聞横須賀支社長、熊坂哲司被告(59)に対し、横浜地裁横須賀支部(植村幹男裁判官)は15日、懲役2年、執行猶予4年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 植村裁判官は「大胆で常習性が著しいが、各事件をすすんで認めており、一定の社会的制裁を受けている」と述べた。
 判決によると、熊坂被告は2016年11月18日、無施錠だった横浜市内の女性宅に下着を盗撮する目的で侵入したほか、昨年7月26日、横須賀市内の喫茶店トイレ内の壁に盗撮目的で小型カメラを設置するなどした。熊坂被告は事件発覚後の今年1月、神奈川新聞社を懲戒解雇された。【岩崎信道】
(2018年5月16日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます