報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

佐野乳児殺害 母親に懲役9年判決 裁判長「自己中心的だ」 /栃木

 佐野市で2018年、生後2カ月の長男レオンちゃんを殺害したとして殺人罪に問われた母親で無職、石橋景子被告(41)=足利市田中町=の裁判員裁判で宇都宮地裁(岡田健彦裁判長)は7日、懲役9年(求刑・懲役12年)の判決を言い渡した。
 岡田裁判長は、「育児によるストレスなどに耐えきれなくなった末に犯行に及んでおり、同情できる面もある」とした上で、「もともと愛情が乏しく、邪魔な存在とみていたことが犯行に大きく影響しており、自己中心的だ」と述べた。
 判決によると、石橋被告は18年8月2日ごろ、当時住んでいた佐野市内の自宅で、レオンちゃんの頭に拳や手のひらを強く押しつけるなどして殺害した。【玉井滉大】
 「被告人を懲役9年に処す」
 岡田裁判長が判決文を読み上げると、石橋被告は小柄な体を震わせ、うつむいた。低出生体重児で生まれたレオンちゃんと暮らしたのは、退院後のわずか10日間。石橋被告が携帯電話につけていた日記には、レオンちゃんの誕生を喜ぶ一方、孤独な育児に疲れいらだちを募らせる様子がつづられていた。
 裁判での証言などによると、石橋被告は食品加工会社の同僚だったバングラデシュ国籍の20代の夫(事件当時は内縁関係)と2017年1月ごろに交際を開始。結婚や妊娠は望んでいなかったが、同年冬ごろ妊娠の兆候に気づいた。だが病院へは行かず、夫や実母にも打ち明けなかった。石橋被告は「母親は世間体を気にするので、外国人との結婚は反対すると思った。子どもは自分の自由を奪う存在だと思っていた」と当時を振り返った。
 初めて受診したのは18年5月。既に妊娠8カ月になっていた。だが受診を機に妊娠を知った夫が喜んでくれたことや、おなかの胎動を感じ、少しずつ出産を前向きに考えられるようになったという。
 同月末、切迫早産の疑いで入院し、レオンちゃんを出産した。1744グラムの低出生体重児だった。携帯電話につけていた日記には、「(生まれてきてくれて)良かった」「無事に赤ちゃん誕生」などと記していた。法廷でも石橋被告は「元気に産声をあげて生まれてきてくれてかわいいと思った。頑張って育てないとという気持ちになった」と語った。
 だが、出産から2カ月後の7月下旬、レオンちゃんが退院したころから日記に再び不満を書き連ねるようになる。
 「流産すればよかった」
 「何度もほほをたたいてしまう。死んでくれたらいいのに」
 「愛情が持てない」
 退院後、夫は仕事で忙しく頼ることはできなかった。ミルクをあげても、おむつを替えても、あやしてもレオンちゃんは泣きやまない。「なぜ泣いているのか。どうしていいのか分からない。元の自由な生活に戻りたい」
 8月2日未明、夜泣きで目が覚めた。ミルクを飲んでも泣きやまないレオンちゃんに手をかけた。退院から10日目のことだった。
 石橋被告は初産で、妊娠が分かったのも30週を過ぎていたため、出産前から保健師や医療ソーシャルワーカーがサポートした。出産後も保健師が自宅を訪ねており、相談する機会がまったくなかったわけではなかった。だが周囲に悩みを打ち明けることはなかった。法廷では「自分で何とか頑張ろうと思っていた。でも積極的に相談していれば、(レオンに)こんなに苦しい思いをさせることはなかった」と声を落とした。
 今回の事件について、栃木県こども政策課の担当者は、「複雑な背景の人ほど、支援を求めない傾向がある」と明かす。支援を受けた経験が乏しく、サポートの求め方が分からなかったり、行政への期待が少なかったりするためだという。
 県は19年度から、妊娠中や産後すぐの時期に、面談や質問票などを通して悩みや育児への不安を早期に見つけ、フォローする施策を強化しており、担当者は「子どもも母親も不幸にならないことが大事。社会全体で育てていく意識を持つことも必要」と話す。
 判決言い渡し後、岡田裁判長は裁判員が書いたメッセージを代読した。「レオンちゃんへの供養の気持ちを忘れずに」「悩みがあれば一人で抱えず、周りに相談して」。前を向いて聞いていた石橋被告は、「分かりました」と涙声で答えた。
(2020年12月8日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます