報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

栃木県栃木市の発砲事件 男に懲役14年の判決 宇都宮地裁

 栃木県栃木市の居酒屋で昨年7月、拳銃を発砲して知人の40代男性を殺害しようとしたとして殺人未遂などの罪に問われた当時指定暴力団住吉会系組長の大沢康博被告(58)の裁判員裁判判決公判が10日、宇都宮地裁で開かれ、岡田健彦裁判長は懲役14年(求刑懲役20年)を言い渡した。
 公判では殺意の有無が主な争点となった。岡田裁判長は「胸や腹を撃てば人を死なせる危険性が高いということは、一般人でも容易に理解できる」とし「腹を撃てば死なないと思った」とする弁護側の主張を退け、殺意があったと認定した。
 判決によると大沢被告は昨年7月21日、栃木市内の居酒屋で金を貸していた人物の弟分だった40代の男性とトラブルになり、拳銃を発砲して殺害しようとしたほか、この拳銃と弾丸3発を所持した。
(2020.11.10 17:19 産経新聞)

居酒屋で発砲の元組長 懲役14年の判決 宇都宮地裁

 去年7月、栃木市の居酒屋で男性が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、殺人未遂などの罪に問われた元暴力団組長の男の裁判員裁判が10日、宇都宮地方裁判所で開かれ懲役14年の判決が言い渡されました。
 殺人未遂などの罪に問われたのは当時、指定暴力団住吉会系の組長だった無職の大澤 康博被告(58)です。
 大澤被告は去年7月の深夜、金を貸していた知人と会うため栃木市旭町の居酒屋を訪れた際、知人と一緒に来ていた男性(当時46)の言動などに腹を立て、男性の胸を拳銃で撃ち、およそ3ヵ月の重傷を負わせたものです。
 大澤被告は「拳銃で腹部を撃たれて死ななかった人を知っている。だから腹部を撃っても死なないと思った」などとして弁護側も殺意を否定していました。
 岡田健彦裁判長は「腹を狙って胸に命中した可能性は否定しきれないが殺意の否定には当たらない。腹や胸には臓器や血管があり撃てば死ぬ危険性があると分かったうえで発砲した」と殺意を認定。そのうえで「凶悪で常軌を逸した行動」と述べ、20年の求刑に対し懲役14年の判決を言い渡しました。
(11/11(水) 10:26 とちぎテレビ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます