報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

強制わいせつ事件で中学教諭に無罪判決 宇都宮地裁「犯罪の証明ない」

 宇都宮市内の路上で女性の体を触ったとして強制わいせつ罪に問われた日光市藤原、鹿沼市北中教諭速水恭平(はやみきょうへい)被告(36)の判決公判が18日、宇都宮地裁(柴田誠(しばたまこと)裁判官)で開かれた。柴田裁判官は「合理的な疑いを超えた証明がなされたとはいえない」として無罪(求刑懲役1年6月)を言い渡した。被告は初公判から無罪を主張していた。
 判決によると、被告は昨年12月14日夜、宇都宮市内のバーで会社員女性=当時(25)=と知り合い翌15日未明に再会。その後、女性が同市本町でタクシーに乗ろうとした際、わいせつ行為をしたかが争われた。
 検察側は、被告が女性の腕をつかみ路地裏に引き連れてわいせつ行為に及んだとして起訴。その際、女性の右頬や額に切り傷ができたと主張した。
 一方、弁護側は近くで見ていたタクシー運転手が、腕を引っ張る様子は見ていないなどと無罪を主張。女性の顔の傷は「被害者の証人尋問段階で唐突に出された証拠」と反論していた。
(10月19日 毛野新聞)

わいせつ罪で起訴の中学教諭に無罪判決「女性の証言に疑い」宇都宮地裁

 宇都宮市内の路上で女性の体を触ったとして、強制わいせつ罪に問われた中学教諭、速水恭平被告(36)=日光市=に、宇都宮地裁は18日、「女性の証言の信用性に疑いの余地がある」として無罪判決を言い渡した。検察側は懲役1年6月を求刑していた。柴田誠裁判官は判決理由で、女性の証言について「不自然な点があり、事実を誇張したこともあり得ないとはいえない」と指摘した。
 判決によると、速水被告は昨年12月14日夜、同僚と訪れた宇都宮市内のバーで、1人で飲んでいた当時25歳の女性会社員と知り合った。翌15日午前3時半ごろ、同僚と別れた後に女性と再会。タクシーに乗ろうとした女性を引き留めた後、わいせつ行為をしたかどうかが争われた。速水被告は、女性の腕を引っ張って路地裏に連れ込み、手で口を押さえ胸を触ったとして起訴されたが、弁護側は「近くのベンチで話をしようと誘っただけ。肩か腕に手を掛けたが、振り払われた」と主張していた。
 速水被告は閉廷後の取材に「ほっとした。生徒たちにも迷惑を掛けたので捜査は慎重にしてほしかった」と話した。宇都宮地検は「判決内容を精査し、上級庁とも協議して適切に判断する」とコメントした。
(2017.10.19 10:32 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます