報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

稲田 康史()
司法修習:第☆期

裁判
 前橋地判R2.10.14 傷害被告事件
 前橋地判R2.5.29 住居侵入、強盗未遂被告事件
 [[]]
 [[]]
 [[]]
 [[]]
 [[]]

その他
 [[]]

戻る

このページへのコメント

【裁判官】の違法行為
裁判官【稲田康史】第57期1975年9月16日生現在45歳【裁判官】稲田康史は平成27年(わ)第105号第179号長野地方裁判所刑事部にて公務執行妨害,器物損壊事件で裁判所(法)第49条に違反する判決文を書いた人物である。なぜなら私の前の案件の控訴審の【裁判官裁判長】が井上弘通だったからである。井上弘通は長野地方裁判所所長も経験しており当時東京高等裁判所の総括もしており最終的には大阪高裁長官になり年齢退官している人物である。ちなみに上告審の【裁判官裁判長】は寺田逸郎である。長官です。そのような大物裁判官か関与していたので裁判所法第49条に違反する判決文を書いたのである。裁判官の【弾劾】行為である。このようなクソ裁判官は依願退官するべきである。ちなみに前の第一審の裁判官黒津英明は令和一年六月一日に依願退官したのである。それはそうでしょうね。最後の裁判官裁判長は寺田逸郎だったんだから長官だったんだから責任取らないとね。【裁判官】稲田康史も依願退官するべきである。現在群馬県の前橋裁判所にいるようですが、即刻依願退官するべきである。以上

6
Posted by MEMORY 2021年01月30日(土) 04:17:43 返信

稲田 康史裁判官平成27年(わ)第105号.第179号長野地方裁判所刑事部.公務執行妨害.器物損壊罪の件で裁判所(法)第49条に違反する判決文を書いた人物である。判決日平成28年3月23日、これは私の前の事件の控訴審の裁判官裁判長が、井上弘通だからである。井上弘通は長野地方裁判所所長も経験しており、当時東京高等裁判所の統括であった。最終的には大阪高等裁判所長官になり年齢退官している。そのような大物裁判官が関わっていた私の裁判なので裁判所(法)第49条に違反する判決書を書いたのである。裁判官の(弾劾)行為である。訴追して弾劾裁判所に掛けたいが弾劾裁判所(法)では、弾劾行為が起こなわれてから3年が経過したら訴追出来ないらしい❗️でも公表するのは自由ですのでと言われたので私は週刊紙に取り上げてもらいます。ちなみに前の裁判の第1審の裁判官は令和1年6月1日に。依願退官したのである。それはそうでしょうね❗️だって最後の裁判官裁判長.寺田逸郎なんだから、長官だったんだから❗️それは責任取らなきゃね❗️裁判官稲田康史も依願退官するべきである。以上

6
Posted by MEMORY 2020年11月26日(木) 00:49:14 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます