報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元前橋市職員に懲役17年 交際女性刺殺判決 さいたま地裁、「強固な殺意」認定

 さいたま市大宮区のビルで1月、交際していた女性会社員=当時(22)=を刺殺したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われていた元前橋市職員の鳥山裕哉被告(26)の裁判員裁判判決公判が2日、さいたま地裁で開かれ、北村和裁判長は懲役17年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。
 北村裁判長は判決理由で、鳥山被告が女性会社員から交際解消を求められたことや、被告の暴力について警察に被害届を出すと伝えられたことに怒りを覚え、殺害を決意したとみられると指摘した。
 その上で、犯行前にインターネットで「包丁 殺す」などの言葉を検索していたことなどから「一方的かつ執拗(しつよう)で強固な殺意に基づいた犯行」と認定。「包丁は女性と話し合うために持っており、刺傷は包丁を取り出した際などに生じた可能性がある」として傷害致死罪の適用を求めた弁護側の主張を退けた。
 さらに、北村裁判長は「犯行動機は身勝手で、虚偽の弁解に終始し反省が乏しい」と指弾した。
 判決文などによると、鳥山被告は1月23日夕、さいたま市大宮区のビル5階で女性会社員の首などを包丁で刺し、殺害した。
(2019.12.3 07:08 産経新聞)

<大宮刺殺>交際相手の男に懲役17年 ネットで「死ぬ」検索…殺意ある 被害届に怒り、身勝手/地裁

 さいたま市大宮区のビル内で1月、交際相手の女性会社員=当時(22)=を包丁で刺して殺害したとして、殺人と銃刀法違反の罪に問われた元前橋市職員鳥山裕哉被告(26)の裁判員裁判の判決公判が2日、さいたま地裁で開かれ、北村和裁判長は被告の殺意を認定し、懲役17年(求刑・懲役20年)を言い渡した。
 判決理由で北村裁判長は、自宅から包丁を持ち出して勤務先で待ち伏せた点や犯行と近接した時間に「首切る 死ぬ」などとインターネットで検索していた点から「殺意を有していたことが疑いの余地なく認められる」と指摘。首付近を突き刺すなどした犯行態様を「一方的かつ執拗(しつよう)で危険性が高い」としたうえで、「警察に被害届を出すと言われて怒りを覚え、殺害を決意した身勝手な動機は厳しく非難されるべき」と断じた。
 弁護側は「被害者の勤務先に行ったのは話し合いをするためだった」と主張し、「被害者に見せるために取り出した包丁が、目撃者に体を蹴られて転倒した際に被害者に当たってしまった」として傷害致死罪の成立を求めていた。
 判決によると、鳥山被告は1月23日午後6時ごろ、さいたま市大宮区のビル内で、交際相手の女性の首を両手で締め上げ、首や鎖骨を包丁で突き刺すなどして殺害した。
(2019年12月3日(火) 埼玉新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます