報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

覚醒剤事件 被告に無罪判決 さいたま地裁、証拠能力否定

 さいたま地裁(結城剛行裁判官)は27日、覚せい剤取締法違反(所持・使用)の罪に問われた埼玉県春日部市の男性会社員(45)に無罪(求刑・懲役4年)の判決を言い渡した。県警の警察官による所持品検査がきっかけで罪が発覚したが、地裁は「所持品検査の必要性はさほど高くなかった」とし、違法に収集された証拠だとして証拠能力を否定した。
 男性は昨年11月26日、さいたま市内のゲームセンターで覚醒剤所持容疑で現行犯逮捕され、尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たとして、所持と使用の罪で起訴された。
 判決によると、警察官は職務質問で男性に覚醒剤事件の前歴があることを把握。男性がトイレに行きたいと訴えたが立ちふさがるなどして所持品検査を求めた。このため男性はトイレではない場所で排便してしまい、その後、持っていた覚醒剤を提出した。
 結城裁判官は、前歴以外に覚醒剤所持を疑う事情がないとし「所持品検査の必要性も緊急性もさほど高くなく、公衆の面前で排便させることも辞さない行為。令状主義の精神を没却する違法なもの」と捜査を非難した。
 さいたま地検の古谷伸彦次席検事は「判決内容を精査し適切に対処したい」とコメントした。【鈴木拓也】
(2018年7月27日 20時43分(最終更新 7月27日 20時58分) 毎日新聞)

「トイレに行きたい」無視、覚醒剤検査は違法 無罪に

 警察官が職務質問中、トイレに行きたがる男性に立ちふさがって覚醒剤の所持品検査を続けたのは違法だとして、さいたま地裁(結城剛行裁判官)は27日、覚醒剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われたこの男性被告(45)に無罪(求刑懲役4年)を言い渡した。
 判決などによると、男性は昨年11月、さいたま市内の駐車場で2人の警官から職務質問を受けた際「トイレに行きたい。漏れる」と連呼。しかし警官は証拠隠滅を恐れて認めず、男性が公衆の面前で排便した後も所持品検査を続行。覚醒剤を提出させた。
 判決はこの職務質問を「被告を心身ともに追い込む行為。許される限度を超え違法」として、提出された覚醒剤を証拠から排除し無罪とした。(笠原真)
(2018年7月28日06時30分 朝日新聞)

このページへのコメント

覚醒剤を持ってたんだから、検査の必要性はあったんじゃないの?

1
Posted by ほいほい 2018年07月29日(日) 12:49:52 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます