報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

1歳男児衰弱死 両親に懲役6年判決 さいたま地裁

 埼玉県桶川市で昨年10月、1歳1カ月の三男に十分な食事を与えずに衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた父親の会社員山辺拳士郎被告(25)、母親の無職仁美被告(25)の裁判員裁判の判決公判が14日、さいたま地裁であった。田尻克巳裁判長は、両被告にそれぞれ懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。
 判決によると、2人は昨年9月ごろまでに、三男の晴(はると)ちゃんがやせ細って栄養状態が悪化していたのを認識しながら、十分な食事を与えたり医療機関に連れて行ったりせずに放置し、同10月9日、低栄養状態で死亡させた。
 弁護側は、拳士郎被告には発達障害の傾向があり、仁美被告は対人恐怖症と診断されているとして、量刑上の考慮を求めたが、判決は「最低限の育児に支障はなかった」「(仁美被告は育児について)実父らに相談する手もあった」と指摘。2人がゲームに興じていたことなどが衰弱死を招いたとして「悪質だ」と非難した。
(2018年12月14日18時09分 朝日新聞)

ゲームに熱中し食事与えず死亡、両親に懲役6年

 埼玉県桶川市で昨年10月、1歳1か月の三男に十分な食事を与えずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた父親の会社員山辺拳士郎被告(25)と母親の無職仁美被告(25)の裁判員裁判で、さいたま地裁は14日、いずれも懲役6年(求刑・懲役8年)の判決を言い渡した。
 田尻克已裁判長は「拳士郎被告が携帯ゲームや出会い系サイトに興じる一方、仁美被告もオンラインゲームに興じてしまい、育児に関心を向けようとしなかったと考えられる」と指摘した。
 拳士郎被告の弁護人は、拳士郎被告が注意欠陥・多動性障害(ADHD)の影響があったとし、仁美被告の弁護人は、仁美被告の対人恐怖症が周囲への相談を困難にしたと主張したが、判決は「最低限の育児をすることに大きな支障はなかった」とした。
 判決によると、両被告は昨年9月頃から、三男の晴はるとちゃんに十分な食事を与えず、同年10月9日に低栄養状態で死亡させた。
(2018年12月15日 10時48分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます