報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

母を殺害、背後からケーブルで首絞める 息子に懲役9年「母の心情など全く顧みず殺害」/さいたま地裁

 同居する母親の首をケーブルで絞めて殺害したとして殺人の罪に問われた、さいたま市南区大谷口、無職金子正被告の裁判員裁判の判決公判が4日、さいたま地裁で開かれ、高山光明裁判長は懲役9年(求刑・懲役10年)を言い渡した。
 判決理由で高山裁判長は、被告が母親の背後からUSBケーブルで首を絞めたことについて、「強固な殺意に基づいた悪質なもの」と指摘。「被害者の心情や将来を全く顧みずに殺害を決意した意思決定は厳しい非難に値する」と述べた。
 判決によると、金子被告は昨年9月12日、さいたま市緑区の当時の自宅マンションで、母時子さん=当時(83)=の首をケーブルで絞めて殺害した。
(2018年10月4日(木) 埼玉新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます