報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

準強姦問われた医師に無罪判決 地裁「人違いの可能性」

 酒で酔わせて昏睡(こんすい)状態にさせた女性に性的暴行を加えたとして、準強姦(ごうかん)罪に問われた東京慈恵会医科大学付属病院の医師、松岡芳春被告(32)=東京都=の判決が26日、さいたま地裁であり、佐々木直人裁判長は「人違いの可能性がないとは言い切れない」として、無罪(求刑懲役4年6カ月)を言い渡した。
 松岡被告は、昨年8月26日夜〜27日未明、東京都大田区のビルの一室で、泥酔して抵抗できない状態の20代女性に性的暴行を加えたとして起訴されていた。検察側は女性の供述などに基づき、声の特徴などから被告の犯行だと主張していた。
 佐々木裁判長は、被告と女性が会ったばかりで現場に複数の男性がいたこと、女性が「相当強い酩酊(めいてい)状態」だったことなどを指摘し、女性の供述を「印象論の域を出ない。(相手を)特定しうる確たる記憶はなかった」と判断。当時同じ部屋にいた医師の男(32)=準強姦罪などで懲役5年確定=が暴行した可能性も否定できないと述べた。
 埼玉県警は被告を別の集団準強姦容疑でも逮捕したが不起訴になり、公判が開かれたのはこの事件だけだった。さいたま地検の古谷伸彦次席検事は「判決を十分検討し、適切に対応したい」とコメントした。(小笠原一樹)
(2017年10月27日00時06分 朝日新聞)

女性乱暴の罪に問われた医師に無罪判決 さいたま地裁

 去年8月、東京・大田区のマンションで、女性に酒を飲ませて乱暴した罪に問われた32歳の医師の裁判で、さいたま地方裁判所は「被害者はめいてい状態でその証言には疑問が残り、人違いの可能性がないとは言い切れない」と指摘し、無罪の判決を言い渡しました。
 東京・港区の東京慈恵会医科大学附属病院の松岡芳春医師(32)は、去年8月、東京・大田区のマンションで、仲間とともに女性に酒を飲ませて乱暴した罪に問われました。
 これまでの裁判で、検察は懲役4年6か月を求刑したのに対し、弁護側は「酒に酔ってめいてい状態にあった被害者の証言には疑問が残る」として、無罪を主張していました。
 26日の判決で、さいたま地方裁判所の佐々木直人裁判長は「被害者はめいてい状態で、出会ってわずか数時間という状況の中で、相手の声や雰囲気から乱暴した相手を判断したという証言には信用性、確実性に疑問が残り、人違いの可能性がないとは言い切れない」と指摘しました。
 そのうえで「当時この部屋にいた仲間の元医師が被害者に乱暴したと捜査段階で供述するなど、松岡医師の犯行だとするには合理的な疑いが残る」として、無罪の判決を言い渡しました。
 この事件では、仲間の元医師に懲役5年の判決が言い渡されています。
 さいたま地検「判決十分に検討」
 無罪判決について、さいたま地方検察庁の古谷伸彦次席検事は「判決内容を十分に検討し、適切に対応したい」とコメントしています。
(10月26日 14時09分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます